うみまち発!crystal diary

50歳になりました。まだ人生折り返し地点。

老眼の救世主登場か


家での探し物,ナンバーワンはメガネです。

老眼鏡です。

今日も探していますがまだ見つからず

ぼやけたままブログ書いています。

 

そんな探し物に時間をかけなくてもよくなる日が

もうすぐくるかもしれません。

 

最近知り合いの医師から聞いて知ったのですが

 

多焦点眼内レンズ

 

というものがあるらしいです。

昔からあるのかもしれませんが。。

 

眼内レンズは

白内障の手術で濁ったレンズの

代わりに入れるもので

 

白内障の手術はごく一般的に

やられています。

日帰りで

保険診療で、できます。

 

この白内障の手術時のレンズは

単焦点

なのですが

 

これが

多焦点

になると

 

近視や遠視といった

目の調節障害にも

いいということで

一石二鳥です。

 

まだ保険ではできなくて

お値段60万とかレンズだけで

するみたいですが。。

 

レーシックという

近視の治療がありますが

10数年前に私が受けた時は

数十万かかる自費治療でした。

それでも

メガネから解放される

画期的な治療でした。

今は保険が使えるみたいですね。

 

多焦点レンズは

レーシックのように画期的な治療になるかもしれませんね。

 

老眼鏡がいらなくなれば

高齢化社会で

老眼鏡が必要な時間が長くなっているので

恩恵に受ける時間も

かなりあります。

 

目と耳が

大丈夫だと

かなり

年取ってもラクですよね。

 

目はなんとか医療の力でなりそうですね。

 

難聴の方はどうでしょうかね〜。

補聴器でかなりいい線までいくのでしょうか。

 

兎にも角にも

 

あと10年後に

多焦点レンズを入れる計画

 

しておこうと思います。