うみまち発!crystal diary

医療現場で働いています。ちょうど人生折り返し地点、これからもご機嫌に過ごしたいです。よく遊びよく学びよく働こう。

麻酔科の未来はあるのか


🌤→☁️→☔️

 

25年間

手術室をはじめとする病院、クリニックで

いろいろな科の先生と関わってきた筆者が

独断と偏見で麻酔科の未来を予想します。

 

麻酔科の特徴

 

手術室で麻酔をかけることがメインで

割合は少ないですがペインクリニックやICUに進む人もいます。

 

他科と患者や仕事がかぶることはないですが、

手術特に大手術は

20年くらいで半減していて

これからもその傾向が続きます。

手術ではなくて血管内治療や内視鏡治療に

移行していて

仕事は減少傾向です。

 

全身管理や挿管や点滴などの手技は出来ますが

患者と接することが少ないので

内科系などの仕事をしようとすると

少しハードルが高いです。

 

私が医者になった頃に比べて

 

仕事は良い薬の開発や手術の進歩でより簡単になり

麻酔科医は増えていて

一人当たりの経験値は下がっています。

 

ペインクリニックもあまり拡大するとは思えないし。

 

そのうち

職を取り合うことになるのではと心配です。

 

なので、未来は雨☔️です。

 

独断と偏見なので悪しからず。。