うみまち発!crystal diary

医療現場で働いています。ちょうど人生折り返し地点、これからもご機嫌に過ごしたいです。よく遊びよく学びよく働こう。

産婦人科医の未来はあるのか


☁️→🌧

 

25年間

手術室をはじめとする病院、クリニックで

いろいろな科の先生と関わってきた筆者が

独断と偏見で産婦人科の未来を予想します。

 

産婦人科の特徴として、

 

他の科と患者がかぶらない

産科はお産に関することに特化していますし、

婦人科も女性生殖器を扱うということで、

他に同じところを扱う科がないです。

あえて言えば、

お産は助産師とかぶるかもしれません。

 

治療内容が、バランス良い。

外科系として開腹手術もあり、術前術後管理もでき、内科系としては,癌の化学療法や、月経に関することの薬物治療などもあります。

メンタル的な要素が絡んでくることもあり

感染症も多いですし、緩和ケア的な要素もあり

遺伝子治療など先進医療にも関われる

 

医療の様々な分野と関わりをもとうと思えば

持てて,経験値も上がります。

 

産婦人科の人気はどうなのでしょうか。

 

10年ほど前は訴訟が多い科と言われて

成りても少なかったのですが

最近は,女医が特に増えてきているようです。

 

他の科とも取り合いにならず

治療法が進化しても

お産、婦人科疾患への治療は

大きな変換はなさそうです。

もちろん

マイナーな部分では

新しい治療法が

どんどん入ってくるとは思います。

 

問題なのは

患者数が減っていくことで

その分将来性は

☁️曇り更には曇り時々雨といったところでしょうか。