うみまち発!crystal diary

医療現場で働いています。ちょうど人生折り返し地点、これからもご機嫌に過ごしたいです。よく遊びよく学びよく働こう。

メラトニンの原料はセロトニン 幸せホルモンだった


メラトニンの原料はセロトニンだということで、
メラトニンサプリもいいですが、セロトニンを増やすことも大事だと思って調べてみました。

セロトニンって聞いたことあるでしょうか。

病院の薬でセロトニン受容体に作用する抗うつ薬などが多いので私はよく耳にします。

セロトニンはしあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、
「ノルアドレナリン」や
「ドーパミン」と並び、
感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つです。

脳は緊張やストレスを感じるとセロトニンを分泌し、
ノルアドレナリンやドーパミンの働きを制御し、
自律神経のバランスを整えようとします。

ストレスや疲労が溜まると、
セロトニンの分泌量が減り、働きが制限されてしまいます。

セロトニンはどうやったら増えるのでしょうか?

一つ目は、日光に当たることです。
日光に当たる時間が少ない冬にうつが増えるのは
セロトニンが作られる量が減ってしまうことが原因の一つです。

二つ目に、セロトニンはリズミカルな運動によって活性化されるといわれます。
咀嚼運動、歩行運動、呼吸運動、などです。
また人とかかわりを増やすこともセロトニンを増加させるといわれています。

三つ目にセロトニンの原料となる必須アミノ酸のトリプトファンを食事からとることで
セロトニンを増やせます。
トリプトファンが多く含まれている食材は、
豆腐・納豆・味噌・しょうゆなどの大豆製品、
チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、米などの穀類などです。
その他、ごま・ピーナッツ・卵・バナナにも含まれています。
また、肉や魚にもトリプトファンが多く含まれます。
いろいろな食物をバランスよくとればトリプトファンは摂取できるといえます。

セロトニンは
専門分野でもある痛みの下行抑制系にかかわったり、
腸内環境にもかかわったり

奥が深くて
まだまだ話足りないですが、
これくらいにしておきます。

生きる上でとっても大事なホルモンで
いい方のホルモンですね。

太陽を浴びて、しっかり歩いて
ゆっくり呼吸して、ゆっくりかんで

セロトニンを増やしましょう!