うみまち発!crystal diary

医療現場で働いています。ちょうど人生折り返し地点、これからもご機嫌に過ごしたいです。よく遊びよく学びよく働こう。

大学生は日本の未来を背負って立とうと思うのかな


私が大学生になったのが1989年。バブルが崩壊したのが1991年で、まだまだ日本は元気でした。

受験勉強が終わって大学デビューだ、と言わんばかりに

毎日、サークルの飲み会があったり、ブランドの洋服やカバンの興味があったり。

高級外車で大学に来る学生もいました。

バイトも家庭教師のバイトで

当時の値段で時間給3000円ぐらいもらっていたので

リッチでした。

 

もっと大きな大学の大学生は

サークル活動の活動が活発で

それに比べれば大人しいものでしたが

それでも

夏には、高原に合宿に行ったり

旅行に行ったり

そんな大学生活を当たり前のように送っていました。

 

今年

長女は大学2年ですが

大学生の暮らしは一変してしまいました。

学校に行く機会は激減し

授業はリモートで

出会いも減り、サークル活動も減りました。

昨日、筑波大学の学生への食糧支援がすぐなくなった

というニュースを聞いて胸が痛みました。

筑波大が食料支援、20トン配布 学生3千人が行列 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 

一番楽しい時なのに、バイトも仕送りも減って

生活も苦しくて食糧も切り詰めて

そんな大学生活を送っているなんて

日本ってひどい国だなって思ってしまいます。

 

GoToとか考える前に、大学生を学校に行かせてあげられないのかな。

学費を減免できないのかな。

特にリモートの時の授業料が正規と同じだけ必要なのかな。

色々言いたいです。

でも、あまり声を上げる国民ではないので

若者も静かです。

 

こんな日本のために将来、若い子は貢献しようと思うのかな。