うみまち発!crystal diary

アラフィフ女医です

コロナの休業補償 元経営者のつぶやき

私も2年前まで経営者でした。

数十万の家賃の数人の従業員規模でも

仕事ができなくなると

どうしようもないことはよくわかります。

 

そして、

自分の努力で売り上げを増やそうとか

そういう工夫ができないまま

辛い時間が過ぎていくのは大変です。

 

今いる医療の世界でもそうですが、

何百床もある病院をいくつも持つ医療法人もあれば

20床の有床クリニックや

外来だけのつぶくりっていうんですか?

家族経営で奥さんが事務兼助手、医師がご主人みたいな小さいクリニックまで

色々なので

 

補償の金額を決めるのも難しそうです。

これは、どの職種にも言えるでしょうけど。

 

こういう時に1番痛手が少ないのは

つぶくり、でしょうか。

 

月々の固定費例えば家賃人件費リース代などの割合が

収入の割に大きいと辛いのかな、とか

 

クリニック経営者の時から

お金の管理が苦手だったので

よく分からないですけど

ふと思ったりしました。

f:id:azmonett:20200509121457j:image