うみまち発!crystal diary

アラフィフ女医です

チョコの僧帽弁閉鎖不全のチェックの結果

10歳のチワワのチョコですが、今日、半日動物病院で心臓ドックをしましょうと預かってもらって検査しました。

 

3年前今の家に引っ越してきた時に、狂犬病の予防接種で心雑音を指摘してくれたのが今の病院でした。

今まで何も言われなかったので、その後も気にせず過ごしていたのですが、時々咳をするようになり、

 

以前はテーブルにも椅子を通じてひょいとなって食べ荒らしたりしてたのが、今やソファーに乗るのも精一杯になり、

 

1年前くらいに初めて心臓を詳しくみてもらいました。

 

レントゲン、心電図、エコーとフル検査しました。人間と同じですね。

そして、左心房と左心室にある僧帽弁に逆流があるのがエコーでわかりました。心臓が大動脈に血液を送り出す時に左心室から左心房に逆流が起きてしまうので

左心房が大きくなり

そして、犬の場合は、気管を圧迫して

それで咳が出るのです。

弁膜症なんて人間みたいですね。

 

咳が出るのは、左心房拡大の症状だったのです。

人間ではみられない症状ですね。

 

今回半年ぶりに検査しましたが

逆流の程度も心臓の大きさも変わってなくて不整脈もなくなってたので

ホッとしました。

 

16,000円なりでした😒f:id:azmonett:20200502202048j:image