うみまち発!crystal diary

アラフィフ女医です

ドイツのマリーは元気かな

2年前、我が家に3ヶ月ホームステイに来た高校生16歳のマリーちゃん、

もう今は18歳かな。

 

12月の初めに来たので

お土産に、ドイツのクリスマスグッズを

沢山持ってきてくれました。

可愛いオルゴールや

お母さんの手作りのクッキー。

アドベントのカレンダーは

自分の部屋につるしてました。

f:id:azmonett:20201117102226j:image

 

クリスマスは家族で集まって美味しいものを食べ

その後1週間くらい泊まって

おばあちゃんたち、両親兄弟

一緒に過ごして

新年を迎えるそうです。

 

ドイツ人にとって

クリスマス前後の12月後半は

とても大事な時期で

 

とても楽しみにしてるし

家族との大切な時間なんだと

 

マリーを見ているだけでも

伝わってきました。

 

ドイツのクリスマスマーケットは

とても大きなもので

なんでも手に入るし

 

それを真似て

日本でみなとみらいの

クリスマスマーケットに行っていましたが

あまり感銘は受けていなかつたようでした。

 

ドイツクリスマスマーケット

そんなにいいところなら

ぜひ私も行ってみたい

そう思わせられました

 

そのクリスマスマーケット

今年はコロナの影響で

中止だそうです。

 

マリーもショックを受けているだろうな

ドイツ人の心の拠り所ともいえる

楽しみな場所をうばう

コロナウイルス。

 

日本でいえば

お正月にあつまるのは禁止

おせちも初詣もダメって言っているようなもの

(初詣は行けないようですが)

 

改めて

コロナ後の世界は

人の楽しみ

人の拠り所をうばう

非情な世界だな

と感じてしまいました。

 

 

クリスマスの定番「シュトーレン」とは?基本の作り方&日持ちをチェック - macaroni

ドイツの伝統菓子「レープクーヘン」とは?レシピや購入場所も - macaroni

 

年間紹介実績10万件を超えならスポットアルバイトを探すなら【MRT】
20万人以上の医師が登録するm3.comを運営!エムスリーグループの医師転職支援