うみまち発!crystal diary

アラフィフ女医です

コロナ禍の夏休みで子供たちは?

もう7月も終わりに近いですね。
今年の7月は
台風が発生していないらしいです。
珍しい。
梅雨もまだあけてないし。
猛暑は来るのかしら。

自然界でも
ちょっと珍しい夏になりそうですが

人間界でも
コロナ禍で迎える初めての
今までにない
変わった夏休みになりそうです。

私も今までは
毎年夏休みが来るとなると
家族旅行の計画を立てたり

子供が小学生の頃は
塾など勉強の計画を立てたり
学校がない時の
毎日の過ごし方に
頭を悩ませたり
しました。

中高生になっても
部活のサポートやら
短期留学やら
バタバタした夏休みでした。

ママ友や職場でも
夏休みどう過ごす?
なんてお互い
聞きあって話題にしていました。

今年は
旅行行く人は少ないし
行くとしても
あまりおおっぴらには
言えないのか
あまりそんな話聞かないし

そもそも
ママ友とは、会う機会が
4月から全くなくて
情報交換も
LINEでしかしていないし。

でも
ママ友との交流がなくても
全然困らないし、
逆に
疲れなくていいくらいです。

今まで
夏休みということに
かなりエネルギーを費やして
いたんだなぁ
と気づきました。

今年は我が家は旅行もなく
何も考えなくていい
計画しなくていい

なんて楽なのでしょう。

今までの大変さは
なんだったのかと
思ってしまいます。

でもでも
大変な思いをしたからこそ
我が家の子供達は
留学したり
部活でがんばったり
勉強して受験したり
出来てきたんだ
ということでもあります。

これから夏休みに色々したい
思っていた子たちの
ことを思うと

運動の活躍の場が奪われたり
留学のチャンスが奪われたり
受験にも影響があったり
家族旅行やキャンプなど
非日常の経験が出来なかったり
といったことで

残念な影響が
少なからず
ありますよね。

学年や年齢によって
受ける影響もだいぶ違いますね。