うみまち発!crystal diary

アラフィフ女医です

海水浴場閉鎖、ライフセーバーは?

溺水が増えないことを願います

【新型コロナ】「過去にない」異例の夏へ 海水浴場、県内全域で中止に(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース

今年の夏は、藤沢市、鎌倉市、逗子市、茅ヶ崎市、平塚市など海水浴場は開設されないというニュースがありました。

ということは、今年の夏は、海の家はなくて、海辺で着替えたり飲んだり食べたりは出来なくなり、パラソルも広げられないということで、夏の湘南の風景が様変わりしますね。 でもサーフィンをする人はいつも通り来るでしょうし、 海辺に散歩しに来たり遊びに来たりする人を 海外みたいに見つけたら取り締まるわけではないのでしょう。 日本はそこまで厳しくできないですよね。

おそらく、真夏の暑さに負けて、海に入る人も出てくると思われます。

海水浴場を開設しないということは、ライフセーバーも常駐しないということでしょうか。 そうだとすれば、 ニュースのコメントでも皆さんが心配されているように

間違いなく水難事故が増えます。

安全と治安と、考えなくてはいけないですね。

今後の課題です。

藤沢市役所ホームページより

地元民は渋滞が減るかどうかが一大事

海の近くに住み始めて3年、 夏の3ヶ月間の週末の道の混み具合には、ほんとに困っています。

夏以外と夏の間で、これほどまでに車の量が違い、こんなに地元民が影響受けているとは知りませんでした。

都内から高速に乗って海に行く道路が限られているんですよね。だいたい、戸塚インターから1号線をまっすぐ南下してくるので 大渋滞です。 高速道路がないこと自体がびっくりです。

オリンピックイヤーの2020年度中に よこかんみなみという道路ができて、藤沢インターにつながって便利になるはずだったのですが、 3年ぐらい先送りされ、 まだ渋滞は続きそうです。

一番近くの駅はすいていれば10分の距離ですが、日曜日の遅い午前に子供を駅まで送ろうとすると、30分で着かない時もありました。

また、近くのショッピングモールに休みの日に行きたくても、渋滞で辿り着けず、なんでこんなに大変なんだろうと 半分あきらめです。

今年は、もしかしたら 道路が空いている夏を迎えられるかもしれないですか?

そうだったら嬉しいな。