うみまち発!crystal diary

アラフィフ女医です

マヌカハニー、12年間欠かさず我が家の健康を守ってくれている

マヌカハニー歴12年になります。

子供が小さい頃から、スプーンですくってペロペロ舐めていました。
一度も我が家で在庫を切らしたことありません。

子供たちも、喉が痛い時とか、何も症状がなくても甘いもの欲しい時とか、体にいいんだと認識してなめているようです。

さてどんな効果があるのでしょう。調べてみました。

まず効果の項目を抜粋しています。そして、UMF、MGOなどの数値についての説明を引用してみました。
以下引用抜粋です。

「ピロリ菌」に有効なマヌカハニー

腸内環境の改善、整腸作用

虫歯や歯周病予防など口内環境を整える

喉の痛み、風邪などの感染症の緩和

「UMF」の数値ですが、これはマヌカハニーの特殊な抗菌作用を医療用消毒液「フェノール液」と比較し数値化されました。 例えば「UMF10+」の場合、そのマヌカハニーの抗菌作用は「フェノール濃度10%」に同等ということになり、数値が上がればそれだけ抗菌作用も高くなります。「MGO」のブランドマークは、「メチルグリオキサール」含有量を表示した規格。「マヌカハニー1kgの中にメチルグリオキサールが何mg含まれているか」を示しています。

とここまで引用。
おかげさまで、風邪もひかずインフルエンザにもならず、皮膚があれることもなく、おなかも丈夫です。我が家の人たち。


さて今うちにあるのはこれ。
UMFもう少し高い方がいいかな。
抗菌効果が低いかな?

10年以上、
体も心も癒される甘みとともに我が家の健康を守ってくれてありがとう、マヌカハニー😊