うみまち発!crystal diary

アラフィフ女医です

ペインクリニック

季節の変わり目は調子悪い はみんなよく使いますか?

ペインクリニック外来でよく耳にする言葉です。 季節の変わり目なんで、あんまり調子よくないです毎月来られる患者さんで そういえば、毎月、季節のせいで調子悪いと おっしゃる方がいます。でも 季節の変わり目は年に4回しかないはずよーく聞いてみると毎…

なんでだか寝られない。ショートスリーパーになった?!

私の外来の 七十代の男性の患者さんでもう何十年も ほぼ毎日 明け方まで 全然眠くならないし 眠っていないという方が いました。すごく 珍しい睡眠パターンです。その方は すごく知的で 記憶力もよく 長年有名商事会社で 勤めてこられた方です。昔の数十年前…

高齢者にマスクは酷です、苦しそう。

昨日は 週一回のペインクリニック外来の日でした。昨日何人かの患者さん、 70代から聞いたのはマスクが苦しくて 旅行行けないよ〜 とか スーパーに行くのが苦しくて〜 とか マスクしてたら山歩きもできないよ〜 とか (ブロックする時のベッドの上で) マ…

気負いがなくなって自然体で暮らせてる

あと半年で五十代ですが、、最近すごく楽に楽しく 仕事ができている気がします。今の職場は 大きな病院で麻酔の症例も バラエティに飛んでいて昨日なんかも 生後30日の子の麻酔をかけたのですが超高齢 神経ブロック 心臓外科など色々あります。働いている人…

グルタチオン点滴をやってみた

今日は、外来の日でした。 今はもう患者さんにはしていない、 昔使っていたグルタチオンが 余っていたので、 自分に点滴してもらいました。グルタチオンは 肝臓での解毒に必要なものです。私が導入した当時は、 パーキンソン病の方が、 歩き方が、 その場で…

手術室という特殊な空間

医師になって25年多くの時間を 手術室で過ごしてきたわけですが。。いつも会うのは 同じ面子麻酔科医 外科系の医者 研修医 手術室ナース 臨床工学士などの 医療従事者だけです。中にいると それはそれで 相変わらずの面々と 楽しく過ごすわけですがたまに シ…

ペインクリニック、患者さんも歳を重ねる

10年近く通って来てくださる患者さんも います。60代だった方は、70代に 70代だった方は、80代にお年を取ります。最初は1人で通っていらした方も娘さんが 付き添いで来られるようになったり一人暮らしの方も 娘さんが週に何回もおうちに顔見に 行くようにな…

線維筋痛症とグルテンフリーの医学論文検索して、英語力低下におどろく

グルテン不耐症セリアック病とグルテンフリー 英語論文を読む 線維筋痛症と食習慣 グルテン不耐症セリアック病とグルテンフリー 今日は グルテンフリーとセリアック病と慢性炎症が原因と言われている 線維筋痛症の関連で論文を検索してみました。ちなみに、 …

開業回想録からの妄想

開業当初は、まず、専門医も取得している主科の保険診療分野から 始めました。 開業前の2年、近くのクリニックで週1回外来をしていたので その時の患者さんがきてくれたり 駅の看板や電柱の看板を見てきてくださった患者がいたり でも まだ認知度が低く、1日…

10年前の開業を思い出し、今と比べてみる

2010年4月下旬開業 2020年4月開業だったら コロナ後の世界の新規クリニック開業 2010年4月下旬開業 2010年4月に、クリニックを一人で開業しました。 勤めていた病院に不満があったわけではなかったのですが もっと外来をもっとやりたかったのと、 小学生だっ…

コロナの休業補償 元経営者のつぶやき

私も2年前まで経営者でした。 数十万の家賃の数人の従業員規模でも 仕事ができなくなると どうしようもないことはよくわかります。 そして、 自分の努力で売り上げを増やそうとか そういう工夫ができないまま 辛い時間が過ぎていくのは大変です。 今いる医療…

コロナで高齢者のフレイルが心配

www.tyojyu.or.jp フレイルって聞いたことありますか? 簡単に言えば「加齢により心身が老い衰えた状態」のことです。 元気なお年寄りは、フレイル状態になりたくなくて日々運動したりあ周囲と関わりを持ったり、趣味を持ったりして元気に老後を過ごそうと頑…

本当に必要な医療か

コロナのせいで 医療機関も大きな損害を受けています。 患者さんが半分になったなんて、全然驚くことではなくなっています。 ここは、いい機会だと思って 患者さんも医療者側も 本当に必要な医療なのかどうかを 検証してはどうでしょうか。 私の関わっている…

漢方診療歴も20年になります

自分自身の漢方の診療経験もだいぶ長くなりました。 医師になって3年目ぐらいから、中医学の勉強会による通うようになって、 それからペインクリニックで上の先生が使っているのに影響されて自分でも使うようになり、 通信教育で上海の中医薬大学校を受講す…

ペインクリニックのかかり方〜腰部脊柱管狭窄症の場合

ペインクリニックにかかる患者のうち、一番多いのが腰部脊柱管狭窄症の方です。 なぜかというと、高齢化が進み、かつ、元気な方が増えているからです。まだまだやりたいことが沢山あるけれど、沢山歩くと腰が痛い、歩けなくなる、、では、他は元気でも困って…

ペインクリニックのかかり方〜線維筋痛症の場合

レディーガガや八木亜希子さんなどで、一般人にも徐々に知られるようになった線維筋痛症という病気。 実は人口の2%がかかるというありふれた病気です。 その割にあまり認知されていません。 今までは、全身が痛くても、怠けてるとか、性格だとか、メンタルや…