うみまち発!crystal diary

アラフィフ女医です

コロナ

10年前の開業を思い出し、今と比べてみる

2010年4月下旬開業 2020年4月開業だったら コロナ後の世界の新規クリニック開業 2010年4月下旬開業 2010年4月に、クリニックを一人で開業しました。 勤めていた病院に不満があったわけではなかったのですが もっと外来をもっとやりたかったのと、 小学生だっ…

安倍首相の会見の文章が詩的で美しいけど頭に入りにくくないですか

安倍首相の緊急事態宣言解除の会見を見ました。 いつも思いますが、家事とか何かしながら会見を聞いていると 首相の話し方って全然頭に入ってこないんですよね、私。 例えば 感染を抑えながら、完全なる日常を取り戻していくための道のりは、かなりの時間を…

「三密」でがらっと変わってしまった価値観

「三密」 人間の価値観って、もろいというか、 フレキシブルというか、確固たるものではないという、 代表例になりそうですね。 「三密」 「密閉」「密集」「密接」で三密です。 言わずと知れた、コロナウイルスのクラスター発生を回避するための対策として…

コロナ後、閉塞感から放たれるのが待ち遠しい

ニュースはコロナばかり、 他のニュースも人が動かないから あんまりないです。 新しい映画もドラマもないし 旅行に行く人もいないし、 海外の楽しい話を聞くこともないし 近くの本屋は閉まってて立ち読みもできないし ショッピングモールのウインドウショッ…

大阪府知事と北海道知事が気になる

全国の知事の中でも若い2人の知事が、コロナ対策で、地方自治で目立つ存在で頑張っていますね。 北海道の鈴木直道知事は、全国より先に非常事態宣言を出した時にメディアに出ましたが 若くて誠実で 今までの知事、例えば、東国原さんとか、森田さんとか、 知…

有事の時こそ人がわかる

コロナで大変な世の中ですが、 こういう時こそ見える人の本当の姿がありますね。 知り合いの病院経営者は、 ブログで自分だけはかかりたくない、検査したくない、家に引きこもりたくないと、従業員を守る立場なのに、自分のことばかり考えているのがバレてし…

戦闘モード

先週までのんきに麻酔してましたが、今週に入って、いよいよ、どこに隠れコロナがいるかわからないという状況がより身近になってきました。 麻酔科学会や手術看護学会からも 挿管抜管はエアロゾルが広がる危険な操作だと 通達がありました。 職場でもどうや…

BSの海外ニュースで各国の状況が分かります

ヨーロッパでは、化粧品会社などが生産ラインを変えてアルコールなどの消毒薬を作り始める様子や、空気汚染の減少の様子が伝えられます。掃除機の会社が人工呼吸器、衣料品会社が防護服を作ったりいろいろな動きが加速しています。 ヨーロッパは、経済を停止…

兄弟が感染してるっぽいけど検査するすべなし

今週末は、おこもりか、家で父母ときょうだい呼んでご飯食べるくらいいいかなと、計画していましたが、 LINEしてみると 熱が出て早退した。 味覚が変。と兄弟から。 対策センターみたいなところに電話したら、 近くの病院に行ってと言われて 行ったらインフ…

桜が咲いてました

桜が咲くには早すぎますが 温暖化ですね。 ダウンもほとんど着なかったし、 長いブーツも街でとんと見かけなくなりましたね。 地球は 温暖化が進み 未知のウイルスとの戦いの 真っ只中で どれだけの人が 生活を脅かされるか 命を落とすか わかりませんが そ…