うみまち発!crystal diary

50歳になりました。まだ人生折り返し地点。

メラトニンの原料はセロトニン 幸せホルモンだった

メラトニンの原料はセロトニンだということで、 メラトニンサプリもいいですが、セロトニンを増やすことも大事だと思って調べてみました。セロトニンって聞いたことあるでしょうか。病院の薬でセロトニン受容体に作用する抗うつ薬などが多いので私はよく耳に…

開業の思い出④

バイトの先生を募集した時は 全く反応がなかったので 継承の案内も そううまく巡り会わないか と 軽い気持ちで半分諦めくらいで 考えていたのですが 募集出してみたら すぐ何人かの方から反応がありました。 ちょうど、 継承がありという風潮になってきた頃…

開業の思い出③

8年開業していて 最初の3年は 比較的時間に余裕がありましたが その後はずっと忙しくて 4年目くらいからは 予約制で初診は制限し それでも 祭日や年末年始、夏休みの前は 患者で溢れかえって大変でした。 開業スタイルとして 私がいないとすすまない つまり …

クリニックの広告方法

クリニックを立ち上げてどう認知してもらうか ですが、 私も初めて知ったのですが 新規クリニックを立ち上げる時に 一回だけ 新聞の折り込みに開院の案内の広告を載せることが 許されているのが慣例のようです。 言われてみたら新聞の広告に開院案内以外の …

開業の思い出②

4月に開業は決まっていたので2月ごろには医療事務や看護師の求人を出し 3月に面接、医療事務3人看護師2人を決めた。 医療事務の常勤には100人近く履歴書が送られてきた。 その中から選んで10人ぐらいと面接して決めました。 面接の時も私の横に会…

開業の思い出①

2009年 麻酔科医として専門医指導医もとって一人前になり 次にどこに手を伸ばそうかと考えていました。個人的に上海中医学校の通信で漢方を学んだり ホメオパシー医学会の認定医を取得したりしたのも このころでした。一人医長として勤めていた病院で週1回…

メラトニンって、睡眠リズムをつかさどるだけじゃないすごいホルモンだった

メラトニンって聞いたことありますか?私は夜寝ると出るホルモンで、一日のリズムを作るホルモンということは、 知っていて夜眠れなかったりすると 若いころに比べてメラトニンが減ってきたからかなぁと漠然と思っていました。確かにそうなのですがメラトニ…

ある日の手術室の1日

麻酔科医A、今日も1日手術室勤務です。 どんな1日かな。 1日で全身麻酔の件数10件あるけど、 非常勤の先生と若いレジデントがいるから、 麻酔科医Aは何も担当予定がない。 ゆったり過ごせるかな、今日は。 他にも3人の先生がフリーになっている。 手術予定の…

同じ病気のわんこちゃんたち

たまたま、ブログをフォローさせていただいている女医さんのワンちゃんが 同じ僧帽弁閉鎖不全症であることを 発見しました。 きなこちゃんというわんちゃん 同じ10歳で僧帽弁閉鎖不全による肺水腫で挿管されて一命を取り留めたみたいで そのあと12月に 心臓…

亜鉛不足と救急患者の話題

現代人はミネラル不足といわれています。 先日救急で来られた患者様が極端な亜鉛不足だったので 原因は何かなと亜鉛について考えました。そこで ちょっと亜鉛の不足の原因について調べてみました。やっぱりお肉、魚系に多く含まれています。 摂取不足で亜鉛…

コロナ禍の病院勤務でつらいこと

それは、N95マスクです。 だいたい一日中してます。 こんなやつです。 YIBER N95マスク 20枚入り NIOSH承認 (米国労働安全衛生研究所規格) 防塵用・医療用マスク ウィルス飛沫防止 - ※ISO9001:2015認証工場製造品 発売日: 2020/08/12 メディア: N95 折り畳み…

チワワの僧帽弁閉鎖不全

うちのチワワ、 4年前に僧帽弁閉鎖不全症であることが 心雑音があることでわかったのですが、 先週とうとう亡くなってしまいました。 今年に入って咳き込むことが多くなり 昼間でも寝ていることが多くなったので いつ亡くなっちゃうのかなと 思いつつ日々過…

献血しました

昨日は免許更新センターで 運転免許の更新でした。 違反したのがまだ5年以内らしく 違反者講習をたっぷり2時間受けました。 そろそろ違反者から脱出したいです。 二俣川はきれいになってました。 新しい建物が依然と道路を挟んだところにできていて駐車場も…

50代になりました

冬らしく晴れた日、太陽が眩しい朝です。 朝、次女の弁当を作り、駅まで送り、そのあと長女に駅まで送ってもらい出勤しました。 いつもの朝、50代初めての朝です。 家族みんな健康で 私も更年期世代とはいえ元気に 仕事もできて 日々感謝ですね。 今年はどん…

ペインクリニックの問題点

長年ペインクリニック診療を行い 患者さんをたくさん診てきたからこその 問題点を保険診療報酬の視点から 考えてみたいと思います。 通常の医療は、保険証を見せることで 自己負担が3割とか1割とかですみますよね。 それを保険診療といい、その反対が自費治…

麻酔科医の未来はない?

登用進む麻酔看護師: 日本経済新聞 日経新聞に麻酔看護師の話題が載っていました。 日々、麻酔看護師と働いています。 一方で、同じ病院に 高額な日当で週1回働いている麻酔科医もいます。 麻酔看護師1ヶ月分の給与を 週1回月4回で軽く超えます。 そして誤解…

iHerbで健康管理、受診必要なしのおすすめ

iHerbご存知ですか。 海外の化粧品やサプリなどが安く購入できます。 かなりたくさんの品揃えで 注文してから到着に日数も早いので 使われている方も多いと思います。 今日は薬、医療機関でもらわなくてもいいな というものを紹介します。 マルチビタミン系…

大学生は日本の未来を背負って立とうと思うのかな

私が大学生になったのが1989年。バブルが崩壊したのが1991年で、まだまだ日本は元気でした。 受験勉強が終わって大学デビューだ、と言わんばかりに 毎日、サークルの飲み会があったり、ブランドの洋服やカバンの興味があったり。 高級外車で大学に来る学生も…

更年期 お腹の脂肪が増えすぎたので

去年からずっと コロナに振り回されてるせいか あんまりやる気が出ず 今までちょくちょくしていた 健康に良いこと 体動かしたり 糖分控えたり お顔の保湿とか サボっていたら 顔はシワシワ お腹はでっぷりに なってきてしまいました。 流石にヤバいと思って …

受験の季節ですね

先週末は センター試験 ではなくて映えある第1回共通テストでしたね。 私の頃は 共通一次でした。 駒沢大学に受けに行ったのを覚えています。 2日間通うのが面倒だったので 近くのホテルに泊まりました。 親は心配してましたね。 ちょっと 英語と国語 今年の…

3つの資本

橘玲さんの幸福の資本論という本の中には3つの資本が出てきます。 人的資本 と 金融資本 と 社会的資本 です。 若い頃は 金融資本、社会的資本は少なく人的資本が多いといわれますが、 人的資本の減っているのを日々実感します。 仕事時間が長くてもなんとか…

ニュースで想像力を膨らまそう

テレビのニュースを見ない そんな人が増えています。 うちの子供たちもあまり興味がなさそうです。 テレビがつまらなくなったのもあるし、 ネットで情報を得られるので それで十分という意見もあります。 テレビを見る時間がもったいない、 もっと他の情報を…

情報を選別しよう

毎日毎日 コロナウィルスのニュースが更新されています。 感染者数が、気になって 今日は増えたか減ったかが出るまで ニュース番組に しがみついていたり 変異ウィルスの情報に 新たに恐ろしく感じたり しているかと思います。 でも ニュースを聞く時間をこ…

朝のルーティン構築

子供の学校がリモートになって 朝の時間に余裕ができたので 朝を有効活用しようと思って ルーティンワークを 考えています。 朝6時起床 モーサテジャーナルで 経済ニュースを見る 6時25分から35分は 朝のテレビ体操をEテレで これは外せない。 体が暖まった…

本を読む媒体

今年は本をたくさん読もうと思うのですが、 欲しい本を探すのも 色々な方法があって 贅沢な悩みです。 近くの駅にはかなり大きな本屋があるから そこで探すのもありだし、 しかしAmazonには本揃えで敵わないから 結局Amazonで検索して買うことが多いです。 …

入院待ち

発熱外来行ってコロナ検査して陽性でも 入院するところも療養ホテルもない。 そんな状況が当たり前になりつつあります。COVID-19 Japan - 新型コロナウイルス対策ダッシュボード #StopCOVID19JP 病床数を患者数が軽く上回っています。 家で待機するにしても …

日本人の美徳

日本人は本当に我慢強いと思います。 現状が思うようになってなくても 耐え忍ぶ力がすごい。 東日本大震災の後の東北の方々を テレビで見ても 前向きにされていてすごいと思いました。 今回も こんなゴタゴタなコロナに対するやり方で 国民を苦しめて耐えて…

医師会ってなんなの?

10年前、開業した時地域の医師会に入りました。 何かよくわからなかったけど、周りも入るのを勧めるし。。 入る時にはお偉いさんに挨拶に行って、 毎年、区の医師会やら県や全国の医師会やらに 会費を納めその額は年間100万円に届きそうなくらいの額でした。…

インフルエンザに比べて全然少ないのにね

毎年冬に猛威を振るうインフルエンザ 予防接種してかかるし 学校が学級閉鎖になったり 高熱が出て体の節々が痛くなって 高齢者は肺炎など併発して亡くなることも多いという 皆様おなじみ 冬の風物詩と言ってもいいくらいの病気です。 そのインフルエンザで毎…

ハドソン川の奇跡で麻酔の危機管理を考える

以前。麻酔管理はよく 飛行機操縦に例えられていましたが 今はあまり聞かないかしら。離陸と着陸が 麻酔導入と麻酔からの覚醒に 似ていると言うわけです。1番気を使うのが その離陸と着陸にあたる部分でその間の飛行は 比較的気持ち的にも余裕があります。今…