死ぬ前に医療費使いすぎてませんか

医療medical,少子高齢化

昨日、シン・ニホンという本を読みました。
日本の未来のための提言がたくさん載っていました。すごくお勧めの本です。
たくさんの人に読んでもらいたいです。

ビッグデータとAIの重要性を書いておられました。

医療の現場はすごく遅れているのに、
データ活用を進めようという動きは本当に遅れていて
それで患者さんが不利益を被っていると思います。

例えば、私の父母のように
突然が右足が動かしづらくなってきたとか
手の指がぷっくり腫れてきたとか
という症状が出たとします。

そうすると何も知識のない二人は慌てて
このままいくと歩けなくなるのではないか
とか
このまま全身腫れてきて、弱って死んでしまうのではないか
とか
心配になります。

こちらからすれば
80代のよくある症状で
足が動かしづらいのは脊柱管狭窄症
手が腫れるのはRS3PE症候群ではないかな

すぐ思い当たるし、
どちらも良性疾患であわてることはないかな
ちゃんと医療を受ければ問題ないかな

すぐわかります。

こういう時に、
同世代の同じような症状を持つ人のビッグデータに
すぐアクセスできれば
こういうもんかな、とすぐに慌てることなく対処できます。

死ぬ前の医療負担が右肩上がりに伸びていくのも
病院勤務していれば、日常的に行われていることで
実際は医療者側から見れば不要で、でも、家族が求めるからしていることも多いです。

死ぬ間際というのは誰でも具合が悪くなるもので
結局、具合がよくならないから死に至るのです。
奇跡はめったに起きないし、
医療を受けることで、
より、元気でない期間を延ばして医療負担を増やしているだけ
ということも大いにあります。

これも、ビッグデータの力で改善できると思います。
この状態からよくなる確率は何パーセントとか
そのためにかかる医療費は、治療期間は、など
目に見えるかすれば、家族の意識も変わるし、
医療費削減につながると思います。

シン・ニホンに書かれているように
死ぬ間際の人に使う医療費は削減して、そのお金は、
もっと、若い人の教育や環境整備に使われるべきなのです。