ω3オイル、取りすぎるとよくないの?

ビタミン,健康wellness,分子栄養学

最近、家族の人数が2人になって余計、なかなか自分で料理をすることが少なくなりました。その分の栄養を補わなくてはと、気にはしています。

サプリでよく取っているのは、NMN、ビタミンD、メラトニン、マルチビタミンなどです。

そして、EPAやDHAのサプリもたまにとりますがそのお話が、ニュースにでていました。

アンチエイジングの話題、特に認知症など頭の老化を予防したいときによく出てくるのが、DHA、EPAです。

血管の老化防止にもいいと言われています。

魚の油や、アマニオイルやエゴマオイルに多く含まれています。

私も、ちょうど最近、アマニオイル買ってサラダにかけて食べようかなと思っていたところでした。

DHA、EPAのネガティヴな発表は見たことなくとにかくたくさん取れば取るほどいいと思っていたので、ちょっと気になりました。

この記事だとどうして心房細動を起こしやすいのか聞いていないのでわからないし、心房細動事体、原因がよく分からないし、何もわからないのですが、

とりすぎはよくない可能性が出てきたということでしょうか。

例えばですが、プロテインもアンチエイジングにいいですよ、とりましょう、筋力を保ちましょう、と言われますが、一方で、取りすぎは腎臓に負担となります。お肉やお魚からタンパク質を取ろうとするとそう多くは取れないのですが、プロテインサプリ、パウダーで取ろうとするとすぐに多く取れてしまうので、いいことではあるのですが、反面,とり過ぎに注意しなくてはいけないのです。

でも、私はお魚の摂取量も少ないし、やっぱりアマニオイルは、購入して、EPA、DHAはもう少し取ろうかなと思います。