日曜日 中医学の世界を楽しむ

日々のこと,漢方

最近、日曜日の午前中はセリスタ株式会社主催のウェビナーを聞いて楽しんでます。

セリスタさんは,医療機器,それも自費診療に特化した器械を多く扱っていて,私自身使ってみたいものもたくさんあります。

手のひらで微量元素を測るオリゴスキャンというものや、

体内の糖化の進み具合を測るAGEreader

など、測ってみたい器械がいくつも出ています。

今日は、自律神経系の器械の紹介もありました。気になる〜!

毎日ゲストスピーカーの専門性の高いお話しを無料で聴けるかなりレアな機会で、日曜日の朝を楽しみにしています。

今日は大阪漢方医学振興財団理事長・付属診療所所長
大阪市立大学 医学部 総合医学教育学講座 / 非常勤講師の中本かよ先生の

「感性を呼び覚ます中医学的思考」というお話しでした。

オンライン診療でも舌診ができることや、コロナの患者さんの舌の変化など、飽きないお話が沢山でした。古くから現代まで中医学の素晴らしさを再認識させていただきました。

中医学,楽しいな😄

私自身も、15年くらい中医学の勉強をしてきましたが、最近は臨床で舌診や脈診、腹診などをする機会も少なくなっていますので、いつかまた患者さんをじっくりみられたら面白いだろうなと思いました。

でも、診療はしていなくても、普段の生活で、中医学的思想が染み付いていると思います。

食べすぎた後は、あー脾臓が疲れてるなと思うし、

娘のアレルギー性鼻炎を見るたび、あー寒邪が入って悪化しちゃってる、と思うし、

高齢の方が力がなくなっていってよろけたりするのをみて、腎虚。と思って,八味地黄丸を飲んで欲しくなるし。

イライラする同僚をみては、肝臓によくないと思うし

不眠だと言う友人は,心に問題があるのかなと思うし。

何年も前からそうですが,人を全体で見る漢方やホメオパシー、栄養療法に携わっていきたいという思いはいつもありますが、なかなか,簡単には実現しないですね。

自費診療で開業もいいかもしれませんが,今ではないかなと思い今は、日々の勉強を楽しんでいます。