お金の話はタブーじゃなくなった

お金の話って

あまり大っぴらに話してはいけないという日本ながらの価値観ってありますよね。

でも最近

それではいけない

もっとお金のことを学んで

自分で稼いだり、守ったり、増やしたり

していかないといけないという風潮に変わりつつあるのを感じます。

その背景には、

世界に比して日本だけこの20年給料が増えていなくて

にもかかわらず

社会福祉費は高齢化で増大し

年金は減る一方で

株価もなかなか上がらずという

先細りの状況があるようです。

今日は朝のNHKの朝のニュースで

道ゆく人に、あなたの年収はいくらですか?とボードにシールを貼ってもらっていました。

満足しているかそうでないかも合わせて聞いていて、

全国ニュースでいきなり年収はいくらですか?とは

日本も変わったなと思いました。

私は、

今年の初めにリベラルアーツ大学のYouTubeに出会って

目から鱗が落ちるように

お金の考え方が変わりました。

特に増やし方です。

長期目線で

インデックスに連動する投資信託や

米国株に投資するという方針に変わりました。

今までは、

日本株を買って少しプラスになったら

すぐ売って益を得ていましたが

マイナスの株が溜まってしまって年単位で見るとそこまで利益を得ていたとは言い難かったです。

無駄な生命保険も解約しました。

無駄な買い物もしなくなったと思います。

これからは、子供たちもお金の教育が必須になると思うので

家庭内でも伝えていきたいです。