ゴールデンウィーク、医療現場の声はひっ迫している

今日は5月5日ゴールデンウィークも最終日ですね。
窓を開けると、そよそよと気持ちの良い風が入ってきます。
私はステイホームでゆっくりしたゴールデンウィークが過ごせましたが
皆様はいかがでしょうか。

ところで今回
引用したのは都内の大学病院のfacebookの投稿です。
現場の声をいろいろなSNSで見ますが
かなりひっ迫しています。
特に大阪周辺は、医療を受けたくても受けられない状態が
あるようです。

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、コロナ患者が増えています。
昨日は、重症患者の受け入れ、搬送、ECMO導入など、忙しい日でした。
コロナだけでなく、3次救命救急の方でも交通外傷による多数傷病者受け入れ、急性中毒受け入れ、緊急手術など、通常の救急も全力で対応します。
搬送中の病院救急車の車窓から街を見ると、遊びに外出しているような人達が多く見受けられ、繁華街は人で溢れていました。
医療従事者は一人でも多くの命を助ける為に、私生活でも人一倍感染に気をつけて生活をしています。
今大阪で言われている救急医療の崩壊は、昨年東京でもおきていた事態です。
止まない雨はありません。
遊びたい気持ちは分かりますが、もう少し、もう少しだけ自粛に耐えていただき、医療を支えて頂けませんか?
助かる命を助けるために、宜しくお願い致します。
#緊急事態宣言 #外出自粛 #救命救急 #コロナファイターズ #東京医科歯科大学 #ステイホーム #Covid19 #新型コロナウイルス

誰でも病気になったり怪我したりする可能性がありますが
その時にすぐに病院にかかれないなんて
現代でこんな状況が来るなんて思っていなかったです。

政府の対応
医療の体制

いろいろ批判があるのは分かっていますが
最後は個人個人の判断によるところが大きいです。

コロナウィルスに対して
どうやってたたかっていけばよいかもう一度考えてみませんか。

f:id:azmonett:20210505091200j:plain

コロナ

Posted by tomonatural