人間ドックの結果をみて糖尿病に気をつけなければと思った

おはようございます。月曜日、良く晴れていますね。
今週後半からゴールデンウィークですが、
東京の緊急事態宣言で
静かなゴールデンウィークになりそうです。
でも神奈川は宣言が出ていないので
近くの海や映画館はもしかしたら混み合うのかもしれませんね。

先週末は人間ドックでした。
コロナの影響ですっかりジムやヨガに
行く気がうせてしまっていましたが
その結果がはっきりと表れていました。

体重プラス1キロ、腹囲プラス1.5センチ

です。

甘いものをよく食べているせいか
ヘモグロビンA1cも5.9と6に近づいています。

甘いものを食べるとインスリンを出して血糖値を下げなくてはいけませんが
それがつづくと
インスリンが枯渇していき、血糖値が下がらなくなり
その結果糖尿病になります。

ヘモグロビンA1cが高いということは
1~2か月間の血糖値が高めだったということです。

血糖値が高い状態が続くと活性酸素が発生して
それが体に悪影響を及ぼしてきます。
見た目も血管も老化してきます。
脳の働きにも、ホルモンの働きにも
影響してきます。

糖尿病は
40歳以上の4人に1人はなるといわれている
国民病です。
私を含め
多くの人は甘いものが大好きでやめられず
糖尿病のリスクが高いです。

私は叔父や祖父が糖尿病で
糖尿病の家系因子を強く持っていますし
50歳になってインスリンの分泌する力も
だんだん衰えてくると考えると

もっと食事に気をつけて
運動もして
健康に気をつけなければと思った人間ドックでした。
f:id:azmonett:20200105184558j:plain