一般の人も医療の知識を増やそう

元気な時から

医療の知識を積極的に得ることを

強く勧めたいです。

 

今は

テレビでも書物でも

インターネットでも

いくらでも情報が得られます。

 

知識がないと

いきなり

自分や家族が

病気になって

急な判断を迫られた時

ある程度知識がないと

ちゃんとした判断が

したくてもできないです。

 

医師に

お任せします。

と言ったら

最善の判断をしてくれると

思ってはいませんか?

 

そうとは限らないです。

 

残念ながら

今の医療制度では

結果がどうであれ

する必要がない医療であれ

うまくいかなかった医療行為であれ

 

行った医療に対する

対価が支払われます。

 

最近の経験した例では

 

高齢者でADLが低下していて

ほぼ自力で歩くこともない

認知機能も低下した方に

大腸がんの手術が行われたり

 

脳梗塞で意思疎通が取れず回復の

見込みのない患者に

心臓手術が行われたり

 

そんなことがありました。

 

それは決して珍しいことではなく

 

外科医は

手術部位を見て

必要な場合は

患者が本当に必要かどうか

深く考えて判断することなく

手術を行うことも

多くあります。

 

患者のことを本当に考えて

判断できるのは

患者のことを知っている家族です。

 

正しい知識を持って

不必要な医療は断り

患者がよりハッピーな

人生を送る手助けをしてほしいと

思います。

医療medical

Posted by tomonatural