ある日の手術室の1日

麻酔科医A、今日も1日手術室勤務です。

 

どんな1日かな。

 

1日で全身麻酔の件数10件あるけど、

非常勤の先生と若いレジデントがいるから、

麻酔科医Aは何も担当予定がない。

 

 ゆったり過ごせるかな、今日は。

 

他にも3人の先生がフリーになっている。

 

手術予定の患者さんに麻酔の説明をする

術前外来というものがあり

いつも1人で1日8人くらい担当するのですが

 

今日は3人しかいないし、

3人で1人ずつ担当しましょう、と

余裕がある。

 

朝10時に電話が鳴ります。

「心臓外科のBですが、えーかいりが転送されてきます。オープンでお願いします」

 

あらー、心臓外科の大動脈解離の急患が来たかー。

状態は悪くなさそうだから、コロナのチェックして入室は1時間後か。担当はしないだろうけどお手伝いに行くか。

心臓外科の手術は、人工心肺を回して、循環を停止させて、と、ナースや人工心肺を回すMEや人数も多く必要だし、他の手術とは違って準備も手術も麻酔も特殊で、手間もかかるし、技術的にも難しいです。一つのミスが命取りになりかねません。

 

 終わるの7時くらいになるなぁ。。

 

そうこうしていると、

 

「整形の先生外来が終わらなくて、入室が遅れます」と情報が。

 

 なにー。ただでさえ難しそうな骨折なのに。

 これは午後の症例が5時は過ぎるなあ。

 

午後、手術室のボードに

試験開腹の殴り書きの文字が。。

 何これは?

 

と聞くと、オペ室ナースがイレウスがいて

外科医がやるかもって行ってました。

腸が閉塞して、長い間経つと壊死してしまい

腸の一部を切除しなくてはいけません。

緊急手術です。

 

結局午後4時、腸切除の手術が始まりました。

 

あれれ

今日は余裕があったはずなのに

結局ママさん麻酔科医を4時に帰して

非常勤医を5時に帰して

5時以降は3件残っていて

 

麻酔科医Aは、整形外科を

引き継いで帰宅は7時。

すっかり忙しい日に変わっていました。

 

そして明日も、

大動脈解離の急患が入ったみたい。

 

こんな日常です。