毛髪検査の結果がかえってきました

数週間前に出した毛髪検査の結果がかえってきました。

毛髪検査は、髪の毛を検査に出すことで
血液検査ではわからない
3か月ぐらいの細胞外のミネラルの排出量やバランスが分かる検査です。

ミネラルや金属の毛髪中の値が分かります。
例えば、体調不良の原因がアマルガムという歯の詰め物だったりすればすぐにわかりますし、
その他の重金属の暴露がないかもわかります。
私の結果ですが、
魚を多く食べる日本人的に気になるのは水銀がたまりすぎていないかですが
そんなには多くありませんでした。
他の有害重金属に暴露されているということもありませんでした。

ミネラルの値もたくさん載っているのですが
どう解釈してよいか難しいので
宮澤先生の講座を復習しながら
結果を見ました。

それによると
この結果で色々なことが推測できます。
体のミトコンドリアでのエネルギー産生や神経伝達物質の経路が
阻害されているかどうかなどの予想をつけることもできます。

ストレスによりアルドステロンというホルモンが増えると
Naを体内に保持しようとするので
細胞内のNaが増え
毛髪検査でもNa高く出たりします。
さらにストレスが進み、ホルモンが枯渇すると逆にNaも低くなります。

ミトコンドリアでのエネルギーを作るために
補酵素としてMgやZnが使われるのですが、そのMgやZnが足りているかも推測できるし

神経伝達物質
ドーパミンがノルエピネフリンに変わるときにCuが必要なのですが
それが足りているかも推測できます

f:id:azmonett:20200630214238j:plain

私はどれも大丈夫でした。
よかった!

リチウムは振り切って少ない人が半分ぐらいいるそうなので大丈夫そうです。

一つ気になるのが、バナジウムがやたら高かったこと
調べてみたら、バナジウムそんなに悪いものではなさそうです

ulunom.tokai.jp

そして高い理由も分かりました。
うちで使っているウォーターサーバーの天然水にバナジウムが含まれていたのです。
そんなところまで正確にわかるなんてすごいですね。



分子栄養学

Posted by tomonatural