「三密」でがらっと変わってしまった価値観

「三密」

人間の価値観って、もろいというか、
フレキシブルというか、確固たるものではないという、
代表例になりそうですね。

「三密」

「密閉」「密集」「密接」で三密です。

言わずと知れた、コロナウイルスのクラスター発生を回避するための対策として、多くメディアで言われた言葉ですね。

コロナ前は

「混んでいるところ」
=人気のところで

いい、羨ましい、行ってみたい、
楽しそう、満足

などの気持ちに結びつくところでしたが

今は
「混んでいるところ」
=感染するかもしれないところで

怖い、行きたくない、行ってはいけない

など負のイメージです。

原宿や渋谷の繁華街の賑わい、
立ち見の出る講演、
行列のできる飲食店、
連休の駅や空港の混雑などはなくなってきて

もう密になることはないのかな。

それとも、
何年かしたらだんだん
怖いという感情はなくなって
元の価値観に戻るのかな。

人間って、忘れっぽいから、
怖さは忘れてまた
に、戻りそうですね。