1998年でも色褪せないのが、中医学のいいところ