レジについて考える〜日本の不思議

職場近くのスーパーに久しぶりに行った。家の近くは、レジの支払いは機械化されているところが多いがここは、まだのようで、そのせいか、レジ打ちの店員は忙しそうに見えて、列も長くなっている。

いざ、お会計になって理由がわかった。
高齢化が進んでるこの地域にもかかわらず、全員にアプリ会員ですか?お支払いはななこですか?を聞いている。
聞かれてる内容も分からない人が多いと思うが、聞かれれば、人間お得情報を見逃しているのではと心配になる。(らしい)
それはどういうものか、そもそもアプリとはなんぞやの質問説明が始まってそりゃ時間かかることかかること。
従業員情報だと、アプリ持ってますか質問はどうしてもしないといけないらしい。
便利さに逆行してるなぁ。
翻って、海外ニュース。アメリカのどこぞかで、レジのないコンビニだかスーパーだかができたらしい。
店に入るときに認証されて、店のものを取ってそのまま外に出るだけで、会計が認識されて後から請求される仕組み。会計業務一切なし。入って取って出るだけ。すごい時間短縮になる。
レジに並ぶとか、レジにパートさんが並んでいるなんて光景は、過去の遺産になるんだろうか。
それにしても、前半のスーパーの例なんかは、日本らしいというか、決まりごとに縛られて、それでも、働く人もお客も不自由な仕組みを受け入れて、それには忍耐が必要かと思いきや慣れっこなのかこれで社会がまわる日本の不思議さよ。。

日々のこと

Posted by tomonatural